近年、多くの方がアパートやマンションを購入しております。その理由は、資産運用として購入している方が非常に多いのです。

 

しかし営業マンの口車に乗せられて、価値の下がらない(下がりにくい)マンションを購入したと勘違いしてる人がとても多い。

 

マンションに限りませんが、家も土地も不動産価値とは生きていますので、現実を知り、行動することが資産運用には大切です。

 

不動産売買のプロ根谷さんに聞き、実際に私がどうやって高く売ったのかを暴露します。

 

私はアドバイスにより、築20年のマンションが500万円も高く売れました!

 

まず絶対にやってはいけない5つの失敗パターン

①購入した不動産にだけ相談
②大手不動産だからという理由で相談
③近所の不動産だからという理由で相談
④自分で調べた不動産での相談
⑤相続で相談していた税理士さんの紹介

どれも失敗ばかりする5パターンです。

 

これの何がいけないのでしょうか??

 

根谷さんいわく、不動産会社1社にだけ相談するのがよくないそうです。

 

ポイントは『必ず5社以上、比較検討した方が良い』ということです。

 

なぜか?

 

不動産会社には得意・不得意がある

各不動産会社には当然、得意・不得意があります。

 

素直にお客さんへ『マンション売るの苦手なんですよねー』なんて言いますか?

 

当然言いません。
もちろんWEBサイトを見ても、情報誌を見ても、そんなこと書いてません。

 

良いことばかり言うので、探すこともできません。

 

プロの根谷さんいわく、『A社が高く売ってくれそうな B社を探して、そこにA社の手数料を乗っけて売るのが最も多いパターン』ということです。

 

 

つまり、仲介会社が2社挟まることにより、余分な手数料を払うことになってしまいます。

 

当然、高く売れるところ1社だけと取引をしたほうが、売り手に残るお金は増えます。

 

ですから、複数社に見積もりをとり、高く売れる会社と直接取引をすることが大切です。

 

しかし複数社に相談するのが面倒臭い

根谷さんいわく、『そんな時は不動産一括見積もりが便利』だそうです。

 

オススメのサイトで一括見積もりを使ってみました。

 

たった1分で簡単に査定申込みができます。もちろん無料です。

 

こんな感じ↓

 

結果

  • A社:1,870万円
  • B社:2,100万円
  • C社:1,750万円
  • D社:1,610万円
  • E社:1,700万円

 

えー!!500万も違う。。。

 

もし最初から、D社だけにお願いしていたら500万円も損していたことになりましたね。。。

 

最終的にB社に売ることになったのですが、そこは大手不動産会社ではありませんでした。

 

リノベーション販売が得意な会社で、きっとオシャレにして高く売ることができるのでしょう。

 

不動産会社は、得意不得意は地域性にもあります。

なので私たちユーザーからすれば、見積もりは多ければ多いほど、高値で売れる可能性が上がるというわけです。

 

どうせ利用するなら、高値が出やすいところで見積もりをしたいですよね。

 

根谷さんがオススメしてくれたサイトは、業界No.1の提携数である1,400社もの不動産会社と提携しています。
つまり、高い見積もりが出る率が高いわけです。

 

不動産売買のプロがオススメ
→無料で不動産一括見積もり

 

”売る時期”がとても重要!

市場の動向を見て、安く仕入れたものを高い時に売る。これが資産運用の鉄則ですが、自分の家はいつ売ったら良いのでしょうか??

 

プロが見ている動向はこちら!!

 

アベノミクスの経済成長のおかげで、2017年の不動産業界も好調でした。

 

そして、2020年の東京オリンピックに向けてその価値は右肩上がりです。

 

ではオリンピック開催年の2020年に売るのが良いのではないか??

 

いいえ、違います。

オリンピック前の2018〜2019年にプロたちが売り始めます。
プロが持っている物件は、良質で買い手もつきやすい。

 

つまり、プロと並んで売りに出るのではなく、プロより前に売ってしまうのが賢いやり方です。

 

ということは、2017年後半〜2018年前半が、素人の一番の売り時だということになります。

 

既に売り始めている上手な資産家も多いです。その元で仮想通貨へ投資している人も大勢いるそうです。

 

さすがに勝ち組は動きが早いですね。

 

準備は早い方が良いです。売りが出始め、買い手が付きづらくなるかも知れないからです。

 

もしご自身の資産価値がいくらで売れるのか把握していない人はかなり遅れを取るでしょう。

 

まずは一度、不動産の本当の価値を知っておき、準備しておくことが大切です。

 

→不動産の本当の価値を知る

 

2017/12/15

Copyright© 雨上がり速報 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.